• HOME
  • イベント案内
イベント案内
ピックアップコンテンツ
  • 組合加入の案内
  • ポストのある風景
  • みなさんからの声
  • お役立ちリンク
  • かんぽの宿 伊野
  • かんぽの宿 徳島
  • かんぽの宿 観音寺

20160127_03

見事!優勝の徳島連協チーム

見事!優勝の徳島連協チーム

 JP労組四国サッカー連盟は、3月3日、徳島市球技場で第3回サッカー大会を開催しました。
 昨年は雨の中の大会でしたが、今大会は天候にも恵まれサッカー日和となりました。
 各連協代表チームは、日頃の練習の成果を発揮し熱い試合が繰り広げられました。
 徳島連協チームが3連覇のかかった松山支部を1回戦で下し、その勢いで初優勝を飾りました。

 結果は以下のとおりです。

 第1試合 徳島連協    3-1 松山支部
 第2試合 香川県西支部 2-0 高知支部
 3位決定 松山支部    4-0 高知支部
 決勝戦  徳島連協    9-0 香川県西支部

__.JPG

 JP労組高知連協ユースネットワーク主催としては今年で2回目となるスキー・スノーボードツアーが、2月9日(土)10日(日)に実施されました。

 今回は県内各支部から組合員やその家族など合わせて50名が参加し、兵庫県のハチ北高原スキー場へと足を伸ばしました。この期間、寒波の影響で到着時には雪が降って視界も悪かったものの、滑り始めてからは陽が射して雪も小康状態になるなど、まずまずの天候。

 参加者たちは職場の仲間や今回のツアーで初めて知り合った者同士などで、時間いっぱいまで滑りを満喫。

 また9日の夜には交流会も開かれ、おいしいすき焼きとお酒に舌鼓を打ちながら、仕事やプライベートのことなど、他愛もない話で盛り上がりました。

 参加者からは、「ゲレンデコンディションが良くて楽しめた」「また来年も参加したい」などの感想の声があり、早くも次回開催への期待が高まるツアーとなりました。

 

組合員とご家族合わせて50名で時間いっぱい滑りを満喫しました。

組合員とご家族合わせて50名で時間いっぱい
滑りを満喫 しました。

 

 

交流会ではおいしいすき焼きに舌鼓

交流会ではおいしい
すき焼きに舌鼓

中予支部女性フォーラムでは、11月23日「女子会パート3」として倉敷バスツアーを開催しました。

「三井アウトレットパーク倉敷」メインでのフリータイム6時間。総勢66人、バス2台での参加となりました。

当日、お天気がやや心配でしたが、傘がいらないくらいでしたのでこのように記念写真も撮影できました。       (ちなみに、ここは、石鎚ハイウェイオアシスです。)

皆さん、笑顔が素敵でしょう?

皆さん、笑顔が素敵でしょう?

バスの中では、女性フォーラムの活動として、「あなたのために」の内容の説明や、「さだみつ克之さんへ応援メッセージ記入のお願い」、みらい研への加入についても協力をお願いしました。車窓から見えた紅葉も美しく、とても満喫した日帰り旅となりました。

支部を越えた仲間の交流を深め、さらに活発に活動することを確認

 四国地方ユースネットワークは、11月17日~18日にかけて、高知県の「かんぽの宿伊野」にて「支部ユースネットワーク役員セミナー」を開催しました。50人を超える四国内のユース役員が集まり、ユースネットワークの活動について学びました。

 カリキュラムのひとつとして、東北地本仙南支部の仲間にも参加していただき震災当時の状況について講演いただきました。仙南支部神田執行委員から映像を見ながら地震発生から大津波が街に押し寄せたときの業務の対応や、家族を亡くし家を失った仲間の様子、自身の体験を話していただきました。「仕事よりまず命、とにかくすぐ逃げる判断を。」との言葉に参加者は熱心に耳を傾けていました。沿岸部を配達する組合員からは「津波が6キロメートルも内陸部に押し寄せるとは信じられない。」「ガソリンが無い中での出勤、配達は大変なことだ。」といった意見が出され、業務中の震災で現場にどのような事が起こっていたのか知ることで、震災への備えに対する意識を深めることができました。

 また、次のカリキュラムでは「紙の博物館」に移動し土佐和紙の紙すき体験を行い、制作した色紙と葉書で仙南支部の仲間にお礼の手紙とメッセージ色紙を作成し、後日郵送で届ける取組を行ないました。

 2日間で支部を越えた仲間の交流を深めさらに活発に活動する確認ができたことで、今後の四国ユースネットワークの未来に通じるセミナーとなりました。

仙南支部 神田執行委員

仙南支部 神田執行委員

土佐和紙の紙すき体験を行い、制作した色紙と葉書で仙南支部の仲間にお礼の手紙とメッセージ色紙を作成
土佐和紙の紙すき体験を行い、制作した色紙と葉書で仙南支部の仲間にお礼の手紙とメッセージ色紙を作成

CIMG2601

徳島南支部は11月25日、恒例の牟岐大島磯つり大会を開催しました。 

 大会当日は参加者の日頃のおこないもあって快晴に恵まれ、船くじ一番の引きもあり磯くじにも恵まれて、船は一路カナワ、沖フジ、バッタリへ。
 参加者は例年の常連組を中心に初参加もおり和気あいあいでありながら、25センチ以上を10倍計量とするルールなので参加者は大きな魚を釣ろうと躍起になりながら開催されました。
計量の結果はあまりあってはならないことですが、主催者の松原支部長が優勝してしまいました。ゴメンナサイ。
 しかし徳島ではめったに無い49センチと言うサイズを釣ってしまったので許してあげてください。準優勝は一番くじの柳坂さん、三位は前年優勝の吉谷さんでした。その他の参加者も全員計量がありました。
 あとイカ狙いの方も皆釣っていました。メデタシメデタシ終わり。

全体2_R

香川連協ユースネットワーク(唐渡圭太議長)は4月15日(日)、高松市国分寺町のB&G海洋センターの体育館アリーナで「ソフトバレー大会2012 in香川」を開催しました。大会当日は好天に恵まれ、たくさんの方々にご参加ご協力いただきまして活気あふれる大会となりました。

ソフトバレー大会は今年で3回目の開催で、約50名の方にご参加いただき、昨年にも増して盛大に開催することができました。ソフトバレー参加者は初心者から上級者までいろいろな方がいましたが、初心者の方もすぐに慣れてきてラリーが長く続くとチーム内や観衆からオォ~!というどよめきがおこり、アタックが決まったときには大きな拍手や歓声があがっていました。大会がすすむにつれてどのコートでも声を掛け合いながら白熱した戦いが繰り広げられていてとても盛り上がっていました。

 大会の後は、外の芝生で葉桜を見ながら弁当を食べました。和気あいあいとした雰囲気で楽しく交流を深めることができました。昼食後のビンゴ大会はソフトバレー大会以上に盛り上がり楽しかったです。

このスポーツレクを通して、普段とは違う仲間の素顔を発見し、絆をさらに深めることができたと思います。レクを通じてみんながもっと仲良くなって、組合活動や仕事がもっと楽しくやりがいがあるものになればいいなと思っています。次回はさらにたくさんの方々にご参加いただきますようよろしくお願いします。

チーム1_Rチーム2_R

チーム3_Rチーム4_R

チーム5_Rチーム6_R

チーム7_Rチーム8_R

チーム9_R試合1_R

野外2_R

SKMBT_C55212041709090_R

3月10日(土)南予支部女性フォーラムのイベント「体験ツアー」を開催しました。

今回で3回目となったツアーは、全女性組合員に協力してもらったアンケート結果などから「バスツアーin徳島」に決定。組合員24名、子供9名、計33名の参加がありました。

愛媛県愛南町から徳島県鳴門まで6時間。長いバスの旅でしたが、自己紹介や支部の活動報告など交えながら、「ツアー楽しみです」と明るい雰囲気のなか、交流を深めることができました。

テーマは「自然と世界の芸術にふれてみよう」ということで体験内容は、

その① 迫力の大渦を観潮船から間近で観ることができて、子供達も興奮していた「うず潮観潮」

その② 時間が足りなくて少し残念という声もあった日本最大級の陶板美術館、「大塚国際美術館」で世界の名画を鑑賞

その③ 阿波の味覚を堪能したランチバイキング、でした。

今回の体験ツアーでは初参加の方もたくさんいて、参加者からは「楽しかったです」「普段行けないところに行けてよかった」「次回も参加したい、楽しみにしています」など声をいただきました。長時間のバス移動で疲れもあったかと思いますが、それぞれの体験と交流を楽しんでもらったイベントになりました。