• HOME
  • 活動について
  • 女性フォーラム
活動について
コンテンツ
ピックアップコンテンツ
  • 組合加入の案内
  • ポストのある風景
  • みなさんからの声
  • お役立ちリンク
  • かんぽの宿 伊野
  • かんぽの宿 徳島
  • かんぽの宿 観音寺

~語りつくそう四国の女子会~

4月23~24日四国女性フォーラムは香川県塩江町「セカンドステージ」で「第5回語りつくそう四国の女子会」を四国各地から61名の参加のもと開催しました。

今回のテーマは「政治に触れよう!」として「集い・聞き・話し合い・共同作業を行い・意見交換・体験学習」という内容としました。まず、香川県第2区選出の玉木雄一郎衆議院議員から「TPPと食の安全」と題した講演では、農業中心に思われがちなTPPが実は「かんぽ生命」の記述が多くある事、過剰な配慮規定がされている事、また遺伝子組換食品の規制緩和等、食の安全、格差の実態、大企業への優遇措置、ネットニュースの真実等々、私たちが知らない事実について分かり易く説明いただき、あらためて政治の重要性を学びました。講演後の分散会では政治活動について意見交換を行い「政治に参加する」事を全体で確認しました。

続いて、1月から取り組んでいた「花咲く応援メッセージ」を4班に作業を分け参加者全員で協力して取り組み、花びらを添付した横断幕を完成させました。四国各地の女性組合員から集まった花びらは「1、317枚」となり目標の千枚を大きく上回る結果となりました。

初日に、聞き・学び・話し合い・共同作業した後に自然と仲良くなった女子会は、夕食交流会で更に仲良くなり、翌朝の体験学習「うどん打ち」で一段と親密さを高めました。自分たちで作ったうどんの味は最高においしかったです。1泊2日間という短い時間でしたが、「学び・話し合い・一体となって共同作業を行う」ことで、仲間で活動する楽しさや助け合いの大切さ等を感じた2日間となりました。益々多くの女性組合員のネットワークが広がる事を期待します。

うどんおいしい!うどん体験1うどん体験2うどん体験3うどん体験4花咲く作業1花咲く作業2花咲く作業3花咲く作業4会場1玉木講演の様子玉木衆議員四国幹事自己紹介集合写真 NO1女子会開会大江議長あいさつ分散会ワールドカフェ分散会発表

20140120中予支部女性フォーラムでは、11月23日に昨年に引き続き同日、同じ場所で倉敷アウトレットへのバスツアーを開催しました。
参加人数は、60名。お天気も良く、紅葉もきれいなこの季節、バスの車窓からの景色を楽しんだり、お買い物を満喫したり、美観地区へと足をのばしたり過ごし方はみなさん、さまざまに約6時間の自由時間を楽しみました。
お母さまや、お子さま、姉妹などご家族へのサービスを兼ねた方も多かったようです。
たまたま昨年と同じ日、同じ場所になったのには、昨年どうしても参加できなかった方からのリクエストがあったからですが昨年、お買い物しきれなかった方もいたようで連続参加の方もいらっしゃいました。
行きのバスの中では、地本前執行委員の隅田さんから昨年参加した東日本大震災のボランティア経験を通しての感想や、現地の方からのメッセージを伝えてもらったり、JP労組の取り組んでいる、心ひとつに運動について説明とカンパ活動の話がありました。
支援を継続していく必要性に参加者の多くの方から、わたしたちにできることの一つとしてご協力いただき、13643円 もの義援金が集まりました。
帰りのバスでは、次の女性フォーラムとしての活動への参加もお願いし、再会を約束して帰路につきました。

中予支部女性フォーラムでは、11月23日「女子会パート3」として倉敷バスツアーを開催しました。

「三井アウトレットパーク倉敷」メインでのフリータイム6時間。総勢66人、バス2台での参加となりました。

当日、お天気がやや心配でしたが、傘がいらないくらいでしたのでこのように記念写真も撮影できました。       (ちなみに、ここは、石鎚ハイウェイオアシスです。)

皆さん、笑顔が素敵でしょう?

皆さん、笑顔が素敵でしょう?

バスの中では、女性フォーラムの活動として、「あなたのために」の内容の説明や、「さだみつ克之さんへ応援メッセージ記入のお願い」、みらい研への加入についても協力をお願いしました。車窓から見えた紅葉も美しく、とても満喫した日帰り旅となりました。


女性フォーラムの基本方針

女性フォーラムは、積極的に女性による政策の立案・実現に向けて取り組む等、社会的な活動を展開するとともに、女性組合員の情報や課題の共有化と連携を図り、組織の活性化につなげ、男女共同参画社会の実現を目指します。

四国女性フォーラムの取り組み

JP労組四国には多くの女性組合員がいます。女性が集い、語り合い、交流することを大切にし、昨年度行った意見交換会を本年度も開催します。また、各支部での活動に学び、お互いを支え合う組織をつくっていきます。
連協・支部女性フォーラムの取り組みを集約し、機関紙等を活用し広く周知していきます。

連協女性フォーラムの取り組み

連協・支部女性フォーラムは、幹事会の定例開催を行い、連協・支部執行部と連携して、女性フォーラムの組織としての活動を大切にしていきます。
連協・支部女性フォーラムは、女性組合員が参加しやすいイベントを実施し、女性のネットワークを構築します。